モビリティ

ポイント

高齢化、高度IT、環境、エネルギー、リスク等の複数の視点から、数多くの研究をしています。

空飛ぶクルマ研究ラボ(主宰:中野冠教授)では、近い将来のベンチャー輩出と実現に向けた政策立案を目指し、空飛ぶクルマの機体設計および事業面や交通システムを包括的に研究しています。

auto_j

r-section1

1 エネルギー・資源・環境とモビリティ

 

mobi-section電気自動車、燃料電池車などのクリーンエネルギー自動車の、ライフサイクル評価や産業連関表による評価により普及モデルの構築、資源供給のリスクを評価してのポートフォリオなどを研究しています。

 

2 モビリティと人の生活デザイン

 

mobi-section2パーソナルモビリティや地域航空など、またはカーシェアリングなど、地域や人の生活と結びついたモビリティのシステムを構築しています。

 

r-section2
先進都市モデルプロジェクト

 

  • 2011

    次世代社会都市インフラ整備にかかわる対象都市の分析

  • 2012

    復興集合住宅と一体に整備するインフラの技術基盤体系化

  • 2013

    高密度、中密度、低密度街区インフラ等の技術基盤体系化

  • 2014

    地域特性・規模に対応し次世代エネルギーインフラを利用した整備モデル

  • 2015

    未利用エネルギー・再生可能エネルギー等を活用した次世代エネルギーシステム

 

空飛ぶクルマ研究プロジェクト

空飛ぶクルマ研究ラボ

ラボHPはこちら

ラボ紹介ポスター

01_POSTER_Jap3_SDM_2018.03のサムネイル 

「自動車の未来(下)中野冠・慶応義塾大学教授―「空飛ぶクルマ」好機見極めを、持続可能な社会形成に道(経済教室)」
日本経済新聞・本紙朝刊、日経電子版 2019年3月21日
詳しくはこちらから

「空の移動革命に向けた官民協議会 第2回」発表資料(2018年10月2日)

「空の移動革命に向けた官民協議会 第4回」発表資料(2018年12月20日)

中野ー慶應空飛ぶクルマラボ_官民協議会181220のサムネイル

 

r-section3

主な研究

・野中 朋美
クリーンエナジービークル普及のためのLCAを用いた炭素税設計
・柄井 匡
リサイクルを考慮した国内銅資源供給の持続可能性評価
・加藤 桂太
金属資源を考慮したクリーンエネルギー自動車のグローバルポートフォリオ最適化モデルと銅資源制約の評価
・渡邉 安晋
カーシェアリングによるCO2排出削減のための普及条件に関する研究
・沼田 玲人
システムズエンジニアリングを適用した持続可能な地域航空のビジネスモデルに関する研究
・殳 善蓉
Optimization of Automobile Sales Portfolio under New Environmental Policy in China
・蔡 承達
シンガポールにおける電気自動車普及のための炭素税設計と影響評価
・有森 揚祐
クリーンエネルギー自動車のポートフォリオ最適化
・野中 朋美
クリーンエネルギー自動車普及のためのLCAを用いたグリーン政策
・佐々木 紀之
消費者の選好を考慮した超小型モビリティの普及可能性の評価
・大澤 潤
クリーンエネルギー自動車の普及に伴う経済波及効果分析
・奥津 智貴
オンデマンド航空サービスのシステムデザイン
・Yusuke Mihara
Airframe Design Optimization and Market Forecast of Flying Car
・Julio Budiman
Design of a Collision Avoidance System in Three-Dimensional Space for Flying Cars
・PAYUHAVORAKULCHAI Pawnlada:
Process of Configuration Design by Systems Engineering Approach and Cost Estimation for Autonomous Air Ambulance
・海野 浩三
Future mobility services by utilizing “flying car” for Local revitalization
・岩村 篤
空とぶ車の救急医療用モビリティーへの活用 ― 機体・運行システムのアーキテクチャ―
・大澤 潤
クリーンエネルギー自動車普及のための産業連関を考慮したポートフォリオ多目的最適化モデル
・Kamila Romejko
Sustainability Analysis of Alternative Fuel Vehicles by using Life Cycle Assessment and Optimisation
・石崎 啓太
国内における自動車ライフサイクルCO2排出量予測と省燃費潤滑油の必要性
・中村 紘士
再生可能エネルギー導入影響を考慮したイギリス国内CEVポートフォリオ最適化モデル
・David Chew Vee Kuan
Business Dynamics Evaluation of Battery Swapping in Electric Vehicle Systems

学生募集

本研究室で学び、社会の役に立つ研究をしませんか?
お問い合わせ
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科

慶應義塾大学大学院
システムデザイン・マネジメント研究科
〒223-8526
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1


慶應義塾大学