先進都市

ポイント

都市の持続可能性をキーワードに、先進的な都市のあり方を求め、環境性・経済性・社会性・安全性を定量的なアプローチで検証します。

 

r-section1

1 エネルギーと先進都市

 

typical-rebuilding-models-of-city-bloc再生可能エネルギー、未利用エネルギー、水素、電気自動車、燃料電池、スマートグリッドを人の生活と組み合わせ、大規模都市、中規模都市、小規模街への最適なインフラ整備をシミュレーションする。

 

2 環境と先進都市

 

city-section2都市の緑化、ストック型都市など資源、環境にやさしいまちづくりの提案、また防災など災害に強いまちづくりについて研究をしています。

 

3 都市と生活のデザイン

 

city-section3魅力あるまちづくりのために、地方都市の魅力の分析や少子高齢化時代の、街の魅力の提案、またテレワークなど人の働き方のデザインなどを行います。

 

r-section2
Advanced urban model project

 

  • 2011

    次世代社会都市インフラ整備にかかわる対象都市の分析

  • 2012

    復興集合住宅と一体に整備するインフラの技術基盤体系化

  • 2013

    高密度、中密度、低密度街区インフラ等の技術基盤体系化

  • 2014

    地域特性・規模に対応し次世代エネルギーインフラを利用した整備モデル

  • 2015

    未利用エネルギー・再生可能エネルギー等を活用した次世代エネルギーシステム

r-section3

Related research

・酒井 仁
システムズエンジニアリングを用いた我が国地方都市の魅力向上のための考察
・中野 友道
ライフサイクルを考慮した都市構造のシミュレーションモデルの研究
・高橋 千里
人口減少社会における都市構造の研究
・高橋 哲郎
テレワーク普及に伴う経済性と環境性の評価
・伊藤 慶紀
郊外ニュータウンにおける少子高齢化対策の評価
・吉永 敦
木造住宅密集型地域モデルの再開発シミュレーションに関する研究
・佐々木 紀之
消費者の選好を考慮した超小型モビリティの普及可能性の評価
・杉山 紘子
少子化社会の相互扶助型集合住宅のシステムデザイン
・鈴木 重央
津波被災沿岸地域の住宅復興政策のデザイン
・中本 亜紀
防災を考慮した住宅のリスクマネジメント
・石槫 宣之
ストック型都市形成の為のコンバージョンの提案
・名倉 あさ美
都市緑地の社会的価値評価
・XU Yingying
An Economic and Environmental Evaluation Model for Existing Houses with Energy-Saving Upgrade in Different Regions of Japan
・Karen Ybañez
Modeling Commuter Behavior and Attitudes to Encourage Modal Shift to Shared and Public Transport in Metro Manila
・Hiroki Endo
Energy Saving Analysis and Simulation of Customer Behavior Related to “Altruistic Energy Saving"
・清水 裕
チョークポイントリスクを考慮したエネルギーセキュリティ指標
・Kenji Go
Research for Optimization Model of Electricity Power plant
・篠田 和彦
再生可能エネルギーを導入したマイクログリッドにおける電気自動車と燃料電池自動車の有用性比較
・清野 由美
21世紀日本における持続可能なまち-評価基準の導出-
・本村 浩一
現地調査とアンケート分析による 高齢者における不安分析
・Daniel Daum
Identifying Factors to Improve Real-Time Collaboration in High-Rise Construction
・福羅 麻奈美
A Study for Effective Utilization of Social Resources for the Support of Children in Dual Income Families
・池澤 舜
戸建住宅に太陽光発電と蓄電設備を導入した場合の経済性・環境性評価モデルの構築
・中村紘士
再生可能エネルギー導入影響を考慮したイギリス国内CEVポートフォリオ最適化モデル
・石崎 啓太
国内における自動車ライフサイクルCO2排出量予測と省燃費潤滑油の必要性

 

学生募集

本研究室で学び、社会の役に立つ研究をしませんか?
お問い合わせ
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科

慶應義塾大学大学院
システムデザイン・マネジメント研究科
〒223-8526
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1


慶應義塾大学